ブログトップ

脱藩浪人志士の部屋

shinshin5.exblog.jp

カテゴリ:sport( 7 )

3人そろって、入賞ぢゃ

テレビでみてもわかるくらい相当にしんどいコースでしたね。
そりゃ、マラトンの戦いをアテネまで伝えた兵士も息絶えるよ。
ずーーっと心臓破りの坂を走って、それから10キロも下り。
さすがの最速女王ラドクリフも平地とは違って、しんどかったみたいですね。
ほかにもリバースした選手もいたみたいですし、
野口もゴールした後の疲弊は相当のものだと言うことが、
テレビを通してもわかるくらいでした。
(具合の悪くなったところを隠したカメラマン偉いぞ)

ちょっとスパート早いんじゃないか?(つうかスパートだと気づかなかった、、、)
と思ったけれど、作戦成功と言うところだったのかな。
坂本がついて行けなかったのが残念かなあ。
4年後ゴールテープを切ってほしいな。
あと北京の次も走る可能性高いし。
しかし、若いですよね、あの回復力。
ようインタビューをすぐに受けられるよ。

土佐もよく粘りましたよね。
25キロあたりから離されてきて、心配していたんですけど、
よく5位でフィニッシュしましたね。

日本でもああいう難コースのマラソンコースのレースがあったら
おもしろいと思うんですけどね。
[PR]
by ichirokun24 | 2004-08-23 02:45 | sport

選手会主導の新リーグ発足もありでは

選手会よ、全選手を離脱させ、新リーグを創設せよ!
私は、このような選択も実現の可能性は限りなく少ないものの、あっていい発想だと思う。というのも、現在のプロ野球機構、オーナー、球団経営は、どこにベクトルを向けているのかが、全くわからない。なんだか、黒船が来航して、通商を迫られている幕末の幕府首脳を見ているようでならない。メジャーリーグ人気が高まって、巨武合体して、尊ナベ攘夷を果たしましょう、という感じだ。
渡辺オーナーは新リーグ発足もちらつかせているようだけれども、新リーグ発足をやれるのは、別に読売新聞グループだけではない。巨人、西武が新リーグを発足させても、中日、阪神、ヤクルト、広島、横浜、福岡、千葉、北海道、大阪、オリックスが新リーグを発足させることだっていいわけだし、別に読売新聞グループ総統に遠慮する必要などない。巨人西武だけでは、試合はできないのだ。
確かに、今でも巨人人気は大きいだろうが、昔みたいに野球しかないスポーツ環境、メディア環境ではない。野球よりも楽しい娯楽もたくさんある。もう巨人を知らずんば、人に非ずという時代ではない。
少子化という時代の中、Jリーグは地道にサッカー環境をよくしようと努力している。そして、底辺を拡げて、頂を高くする準備をしている。そして引退した選手の雇用も考慮している。一方、野球はどうだろうか。リーグを挙げて、機構を挙げて、なにか取り組んでいるのだろうか。
私は、一度任意引退して全選手が新スポンサーを探して、それぞれが、新しい球団を結成する。そういう夢もありだと思う。
[PR]
by ichirokun24 | 2004-07-04 12:28 | sport

サガン鳥栖減資100%ならず。

大方の予想通り、サガン鳥栖は減資を期日内に100%の同意を取り付けることができなかった。
しかし、これで終わったとは思えない。というのも、シーズンはまだ半分も終わっていない。これから選手は長いシーズンを戦い抜かなくてはならない。いろんな掲示板であれだけ批判されまくっていた古賀社長だが、やることはやってきているのではないだろうか、この件に関しては。
鳥栖が地政学上ほとんど福岡みたいなもので、笑っていいともでもタモリと松雪泰子が「どうして、あそこだけ佐賀なんだろうねえ」とずいぶん昔、8年くらい前に言っていたが、佐賀県民は、あまり愛着がないのだろうか。他のクラブチームは関東、ジュビロ磐田を除いて、全部ホームは県庁所在地にある。だから県を挙げて取り組もうとしているのか。その辺の地域の考え方とか行政のあり方とかは、わからないけれども、どうも佐賀県はもったいない気がする。
確かにトスは佐賀県の中で一番東に位置しているけれども、人口80万くらいの県で、企業城下町というものもこれといったもののないそういう中で、クラブチームを持つということは、うらやましいことだと思う。しかも鳥栖の人口は、5万7千人!もう一度、設立当初の気概と勇気を佐賀県には持ってほしいと思う。サガン鳥栖が活躍すれば、佐賀県の知名度も上がるはず。おそらく古川県知事が自前の眼鏡に佐賀の文字をいれるよりも、知名度は上がるだろう。
さがんもんは、やればできるはず。薩長の陰に隠れて、江藤新平たちは下野させられ、処刑されてしまったが、維新を成し遂げたパワーを引き継いでいるはずだ。
来年もさが錦を食べながら、サッカー観戦をさせてほしい。(小城羊羹でも、マルボウロでもいいけれども)
そして、佐賀県てどこ?長崎の左?とか、四国?とか言われない日が訪れることもまた、期待しています
[PR]
by ichirokun24 | 2004-07-02 23:24 | sport

新規参入を許さない大旦那

昨日ライブドアが近鉄を買収したいというニュースが、流れた。
企業家が明治以降数多くでている福岡(出光とか電力会社とか)出身の
31歳、若社長。
彼に待ちかまえているのは、30億円という参入障壁と8球団の承認。
彼が球団経営にどれだけのビジョンを持っているかはわからない。今日の会見では、まず以て見えてこなかった。それがいいかどうかもわからない。
というのも、今の球団のオーナーで野球が好きな人がいるかが見えてこないからだ。
すぐ球団を転売されるのは、問題があるけれども、ファンを抜きにした今回の合併話よりは、幾分マシな気がしている。
それにしてもまだ10球団1リーグ制が承認されていないし、パリーグ5チーム制でやるのは、難しいといわれる中、今回の買収話は渡りに船だし、オリックスよりもいい条件であれば、近鉄の株主にとっても悪い話ではないだろう。
そして本気でライブドアが大阪本社に移転するならば、経済的に地盤沈下が著しく、文化的にも荒廃しつつある大阪にとってもありがたい話だと思うのだが、いかがでしょうか。
[PR]
by ichirokun24 | 2004-06-30 23:25 | sport

ドラマは最後に待っていた

最近、寝不足なんですよね。
気温の変化が激しくて、寝付けないし、週末はいろいろとスポーツをやってくれているので、眠れません。特に日曜日は、最近、F1に格闘技にといろいろとエキサイティングなプログラムがありましたが、さらにでました、EURO2004!サッカーを見るのは好きなのですが、あまりシステムとか、選手の名前はわかっているようで、わかってません(;^_^A アセアセ…
ただ、彼らのフェイント、ボールタッチ、シャープなタックル、見取れてしまいます。いやーほれぼれしますね。さらに、彼らの精度の高いクロス、ボールがターゲットに吸い込まれるように行くんですよね、まさにクロスボール。
あと好きなのは、あの早い展開。何が起こるかわからない、そんな予感にさせるあのスピードはかっこよすぎです。
今日の朝、イングランド×フランス戦見ましたが、すごかったですね。ロスタイムにあの展開が待っているのとは、ベッカムのPKまで思いませんでした。決めていたら、最悪引き分けだったはずでしょうけどね。
決勝点のPKとられたファウルの時は、思わず、「アブナイっ!」と叫びました。ポルトガル戦もまさかあの展開になるとは、予想してませんでした。
そう、F1でも、佐藤琢磨がヨーロッパGPで、まさかのリタイア…あのときも、無理して抜かなくても、と思いもしましたが、闘争本能だったのでしょうか。なんとなく昔のシューマッハを思い出しました。
今日も徹夜です。まもなく、レポートの〆切ですので(×_×;)
[PR]
by ichirokun24 | 2004-06-14 22:16 | sport

愛媛FCのキャラクター名決まる

J2サポーターの中で話題(去年サンフレッチェサポの先輩が言ってました)になっているらしい、漫画「オレンジ」。
弱小+貧乏借金フットボールクラブがF1昇格を目指し、クラブ消滅のプレッシャーの中、戦う話なのですが、その舞台となったのが、四国は愛媛県の南予。スポンサーはBOMです(^_^)。いまや、全国区となった飲料なので、皆さんおわかりかと思いますが、かつてガッツ石松もCMにでていたり、マジメなジュース(実際はバレンシアも入っているようですが)というキャッチフレーズもあったりした、あのメーカーに名前似ていますね。
J1はほとんどが関東、関西の大都市がホームで、スポンサーも大企業が付いていますので、経営面で汲々とはしないでしょうが、J2はそういう面で、厳しいです。
プレミアムアウトレットモールを経営しているチェルシー社さん、サガン鳥栖のスポンサーになってください。日立物流さん、親会社の日立さんの柏とかぶりますが、サガンのスポンサーに是非!
まあ、それは置いておきまして、そのオレンジの作者である能田達規先生が愛媛県出身ということで、先日愛媛FCのキャラクターを作成し、名前も決まったということです。
それが、オレンJです。ほかにもオ-レJとかあったようです。
私的には幕藩体制の遺制の影響もある東予南予中予を一つにまとめるという意味でも、オーレJでもよかったなあとも思いました。
ちなみに、愛媛FCのユニフォームの胸はサンプロの中のCMや羽田空港、松山空港でもおなじみのZボイラーで有名なMIURAです。
愛媛ではプロ野球以上に熱い高校野球という牙城を崩すためにも、愛媛FCがJ2に昇格して、サッカー文化を築いていってほしいと思います。
ともかく日本でサッカーが盛り上がって、レベルが上がって、展開の早いサッカーを見られるようになりたいですね。

[PR]
by ichirokun24 | 2004-06-09 13:32 | sport

サガン鳥栖とヴァンフォーレ甲府との違いとは?

サガン鳥栖が今シーズン健闘している。5/16現在なんと5位!嬉しい限りだ。去年、全く勝てず、勝ち点20、勝利数3という結果に加えて、チーム経営悪化による解散危機、Jリーグ関連子会社に運営を委託するという末期症状ともいうべき事態。それも6月までに資本金減資をできなければ除名勧告という状況は変わっていない。
4/20現在、報道によると9割の株主が減資に応じたというが、残りは存続計画に反対しているという。100%減資してしまうということは、資本金をなくすことで、株主としての権限を放棄することに他ならない。つまり倒産してくれた方が、資産分割において、債権者としての権利を有することが可能なのであるが、これだけの経営危機であれば、職員の給料等、また直接の融資元金融機関等に、資産を分割され、最終的に株主で分割する資産はほとんど残らないように思える。
またヴァンフォーレ甲府のように行政、地元報道機関との一体感を感じられない。西日本スポーツがサガン記事を掲載しているのに、佐賀新聞は掲載しているのだろうか?県外なので、ウェブ上では見受けられないのが残念だ。甲府では、山梨県、甲府市、ともにヴァンフォーレ情報を市民に提供している。もちろん地元紙の山梨日々新聞もだ。こうした一体的な地道な活動が、経営危機を克服したと思われる。
アビスパも、サガン鳥栖も最初は静岡のサッカーチームが母体だった。その母体となった静岡に対しても、サガン鳥栖は責任を持つ必要があるのではないか。一度は、PJMフューチャーズが解散した危機を乗り越え、サガン鳥栖を誕生させた。これを立派なJ1チームに育成していってほしい。
せっかくサッカー専用スタジアムを持ち、ものすごくすばらしいグラウンドを持っているサガン鳥栖。お世辞抜きでとても芝の状態もよかったし、サッカー専用なので、選手も近くで見ることができる。私は県外で応援にはなかなか行けないが、近隣の方ぜひ観戦しに、スタジアムに足を運んでほしいと思う。鳥栖駅からすぐで、国道3号線に近いので、車でも便利だ。アウトレットモールで買い物した後でも、前でもいってほしい。
今シーズン好成績を残し、スポンサー問題も解消して存続、J1昇格を目指してほしい。
次節勝利し、他チームの結果次第では、暫定2位に浮上することもあり得る。佐賀ん鳥栖からJん鳥栖をめざして!
[PR]
by ichirokun24 | 2004-05-17 08:29 | sport